投稿

2月, 2013の投稿を表示しています

長崎&福岡

イメージ
もう2週間前になりますが、青木カレンさんバンドで長崎に行きました。ピアニストはおなじみジェイコブコラー氏。相変わらず楽しい旅でした。

と、普段ならここで終わるのですが、今回はモダーン今夜の永山マキちゃんに会いに博多まで足を伸ばしました。マキちゃんが主催してくれた歓迎会「水炊きセッション」に招いて頂きました。それがもう最高な会でして・・・その日の模様をフォトダイアリーでお届けします!!


RH Factor@Blue Note Tokyo

イメージ
RH Factor@Blue Note Tokyoに行ってきました♪ いや〜もうしゅんげーライヴでしたね!!そして会場で色々な方にお会い出来たのも嬉しかったです^^ 終演後メンバーに混じってるPhillip David Hunterさんを発見!!思わずハグw 良いライヴでした。

I just been to the RH Factor's gig at Blue Note Tokyo. It was totally fantastic and kicking ass. I've met many friends there, which made me feel so nice too. Thank you all for the great music and good times. Peace!!

第3回☆ 石川周之介 リサイタル開催決定!!

イメージ
石川周之介の独断と偏見のステージ「ジャイアンリサイタル」開催しまーす!!

1stセットは新進気鋭のミュージシャンと共にスリリングなジャズ「Shunosuke Ishikawa Quitet」をお送りします。

2ndセットは自身がリーダーを務めるファンクユニット「Soviet Chance」が登場!メンバー全員がアフロヘアーというご機嫌なファンクバンドで、なんと今年結成17年目を迎えます!

ジ ャ ズ と ア フ ロ

一見すると良くありそうな言葉の響きですが、音楽スタイルのみならずヘアースタイルまで違う(笑)、2つのユニットが一度で楽しめます。

皆様のお越しをお待ちしております!

1st:Shunosuke Ishikawa Quintet
 石川周之介(sax,fl) 田中 充(tp,flh)千葉史絵(p)
寺尾陽介(b)松田尚樹(ds)

2nd:Soviet Chance (ソビエトチャンス)
石川周之介(ts,fl) 佐々木克典(tp)井出慎二(as)
風間昭男(ts)檜垣真一郎(tb)米山秀和(keys) 朝田正昭(g)
木場隆仁(b)樫尾一郎(per)佐藤正也(ds)


Open 17:00 Start 18:00
(休憩あり)
¥3,500 (入れ替えなし)

http://www.jzbrat.com


3月はリーダーライヴします♪

イメージ
2月も後半ですが、3月はリーダーライヴが目白押しとなっております!
どれも趣向が違う3本です☆ ぜひ聴きに来て下さいね。

3/14(Thu) shumusic  trio@LIAISON Cafe
石川周之介率いる"shumusic trio"がLIASION CAFEに再び登場します。ゲストにトランペットの田中充氏をお迎えし、楽しくスウィング感溢れる演奏をお届け致します。

前回ご好評頂いた「オランダプレート」も登場♪ どんなメニューか楽しみです!

アットホームにお寛ぎ頂けるリエゾンカフェで「ごはん+おんがく」をお楽しみください☆


石川周之介(Sax/Fl/Gt) /加治雄太(Gt) /津島周平(Per)
ゲスト:田中充(Tp)

¥1500(予約) / ¥2000(当日) +1drink
ご予約はこちら
contact@liaison-cafe.com 03-6416-1635
http://www.liaison-cafe.com/

3/25(Mon) DUO with Miyako Funayama
Tenor SaxとPianoのDUO。一度は演ってみたかった企画が実現します。ピアノはベロベロ音楽理論など多彩な活動で知られる船山美也子さん。

チャージ無料ですので、ぜひ遊びに来て下さいね。横浜の老舗491HOUSEはゆったりとお食事&お酒を楽しめます。下記リンクのお店紹介もぜひ見てみてくださいね♪
http://www.y-navi.jp/jazz/01.htm

3/29(Fri) 石川周之介 FUNK&GROOVE NITE
石川周之介ファンクやり〼。ご機嫌過ぎてニヤニヤと街を歩きたくなる「月末の金曜日」は、音楽に身を任せてファンキーなひと時を!周之介が愛して止まないメンバーに集まって頂き一期一会のファンクセッション。これぞライヴ!!「ああ、春も近いのね~」と思える熱い演奏になる予感(笑)。

Sax 石川 周之介 / Key 後藤 魂 / Gt 三上 武志 / Bs 鉄井 孝司 / Ds 鈴木 郁

open 18:30 start 19:30 charge 前売り¥2,000+1d / 当日¥2,500+1d
http://www.wastedtime.jp/

ご予約はshumusicnet★gmail.com (「★」を「@」に変更して下さい)まで♪

ザ・サックス

イメージ
みなさーん♪ 現在発売中のThe Sax vol.57 もうご覧頂けましたか?

先日、Facebookの方でも下記のような嬉しいコメントを頂きました。ぜひぜひ是非お手に取ってご覧下さいませ☆
【THE SAX 57号】 ♪インタビュー 石川周之介 

この度発売されたファーストアルバムの楽曲がiTunesジャズチャートで1位を獲得するなど、アメリカ、オランダ留学で培った音楽センスが国内外で注目を集める石川氏。そのキャッチーでファンキーな音楽は、聴けば気分が高揚すること間違いなし! その端正なルックスに気になっていた人も多いのでは?今ホットなプレイヤー、さらなる活躍に注目です!

http://www.alsoj.net/store/view/S57.html

中塚武さん3年ぶりのフルアルバム発売&明日は大阪で無料ライヴ♪

イメージ
2/6(水) 中塚武さんのソロ活動10th Anniversary Yearの幕開けを飾る3年ぶりのフルアルバム『Lyrics』がリリースされました!!

“歌詞・作曲・編曲はもちろん、歌唱・ピアノ演奏・プログラミング・管弦オーケストラに至るまですべて本人自らが手がけた作品となっております。そして、なんと言っても今回特筆すべきはタイトルにもある『中塚武の歌詞の世界』。いまを生きる同世代の日本人が漠然と抱く感情を、本人の優しい歌声と独創的なオーケストレーションで表現しています。”

僕も何曲か参加させて頂いております。中塚さんとは5年近く一緒に演奏させて頂いているのですが、今回のアルバムには僕個人的にも特別な想いがあります。ぜひたくさんの方に聴いて頂きたいです♪


[LINKS]
中塚さん自身のセルフライナーノーツ
土岐麻子さんとの対談
中塚武さん公式HP


----
明日は中塚武さんのライヴで大阪に行きます♪ お近くの方ぜひ〜
無料ライヴです!!

"Chelsea Market & TOWER RECORDS presents AFTER HOURS vol.37"

日時:2013年2月9日(土)
会場:チェルシーマーケット (大阪市中崎西2丁目4-20)
時間:15:00~
出演:Saigenji、中塚武
料金:Free 『大阪中崎町のチェルシーマーケットとタワーレコード梅田NU茶屋町店がコラボしてお送りするFreeイベント「AFTER HOURS」。今回は土曜日のお昼間に開催、東京からSSWのSaigenji、そして中塚武が揃い踏み。音好きには見逃せないフリーイベントになりそうです。』

月の下で会いましょう♪

イメージ
2月3日に開催された「ウィンターじゃんぼHorns音楽祭」にてUit Nederland出演してきました。トロンボーンの前田さんにお誘い頂いたイベントだったのですが、いや〜本当楽しかったです。終演後のこの写真にも現れていますね(笑)。

日曜日の夜にも関わらずたくさんの方にお集まり頂きまして、ありがとうございました!!


ライヴ中は背景の月がこんな感じです。いわゆる満月ですな(笑)。
前田さん(写真右)にも2曲演奏して頂きました♪ 一緒にレコーディングした「とりから」と「Dunya」をライヴで出来たのが嬉しかったぁ〜!!
トランペットは田中充さんです。みつるさんとは大学の頃からの知り合いで、ひとつ学年が上の先輩です。まさかこうして自分のバンドでご一緒して頂けるとは!!いや〜感無量でした。プレイの素晴らしさももちろんですが、音色が最高なんです。とても華やかで明るくて、一緒に吹いているとドキドキしてしまいます(笑)。おもわず「胸キュン」なんて昭和表現を使わずにはいられません(笑)。
そんな、聴いてるとキュンキュンしてしまうトランぺッターみつるさんとの2ホーンまた演りますよ〜。しかも来月、3/14(ホワイトデー)にリエゾンカフェにて!!詳細近日UP!!
写真にはちょうど譜面台で隠れてしまっていますが、ドラムは松田君。ユリウスが日本に来た時、確か2009年ですね。そのライヴで知り合った明大BSの後輩で、平成生まれの23歳。「若いですね〜」ってきっと色々な場所で言われていると思いますが(笑)、しっかりとバンドの屋台骨を支えておりました。
松田君とも自分のバンドでは初共演でした。それにしても松田君、本当格好良いですね〜♫ ジャズだけでなく、こうしてFUNKはじめラテンまで幅広く強烈にグルーブしております。
おふたりとも別のバンドではご一緒させて頂いたりしていたので、もちろん演奏の素晴らしさは知っていたのですが、こうして自分のバンドで演奏して頂けるのは本当嬉しいですね。
KeyboardsはおなじみKeikoちゃん。今回もギターレスで、ファンキーな音楽を演奏するという事で、ピアノ、エレピ、オルガンなどの鍵盤サウンドはもちろん、さらにホーンセクション、ギターカッティング、ストリングスはじめカラフルな彩りをバンドに与えてくれました。相変わらずの神パフォーマンスは会場を唸らせておりました♪
Bassの須藤君…