投稿

6月, 2013の投稿を表示しています

中塚武 10th Anniversary - BEAT COMMUNIST FINAL -

イメージ
いよいよ明日ですね!!

中塚武さんソロ活動10周年&ビーコミュファイナル!! 最高に豪華で素晴らしいアーティストの皆さんが出演される1日限りのフェスです。今回の中塚武さんのライヴセットは、イガバンBBとの共演!!まさに夢のビッグバンドサウンドがそこにあります!!

僕は大学の頃からビッグバンドに関わって来ておりますが、こんなサウンド聴いた事ありません!!たけしさんとイガバンBBのビッグバンドサウンドは軽々と僕の想像を飛び越え、とんでもない世界に連れて行ってくれました。

たけしさんと出会ったのは僕がオランダから帰国してすぐだったので、もう6年近く前の事です。それ以来、たくさんのステージ、レコーディングをご一緒させて頂きました。

それまで聴いた事のなかった音や世界をたくさん授けてくれました。たけしさんにはいつも感謝しています。それと同時に、等身大で接してくれるそのお人柄や、ストイックに追求する姿からいつも沢山の事を学ばせて頂いてます。


ひとつの原風景が見えたかと思ったら、超高速な何かが目の前を横切り一瞬にして姿が変わる(そこに気付かない事も多々あります 笑)。そんな変幻自在のスケール感とスピード感が中塚武の真骨頂ではないでしょうか!! とファンを勝手に代表して叫びたいです(笑)。


「ぬぉぉぉぉぉぉ!!!裏切られた〜!!」とキメ好きの僕はいつもその予測不可能なキメにいつも過呼吸気味です(笑)。そしてキメは応酬します(笑)。

「へぇ〜キメって応酬するんだぁ〜」なんてのんびりしていると、平手打ちくらいまくり(うち何発かはボディーにグットくるカウンター含)気付くと入院というケースが少なくないです。キメ好きの皆さんご注意を(笑)。

しかし、キメはあくまで僕のようなマニアな人の話(だと思います 笑)。

たけしさんの最大の魅力は、歌です。そして詞です。

マニアックな選曲かもしれませんが、僕はDead Dad(アルバム「GIRLS&BOYS」)を聴いた時涙が止まりませんでした。体中が支配するあの切ない感じをどう表現すれば良いのでしょうか。。。ぜひDear Dad聴いて下さい。

中塚武の魅力がすべて詰まったライヴが皆さん!! あーーーーーしーーーーーーたぁっっぁぁぁぁぁぁぁぁ、あーしーたー!! ありまーーーーーーーーーーーす!!

長くなってしまいましたが、僕は明日のライヴを猛烈…

Speak Up!

イメージ
伝えたい事は沢山あるけど、今はこのメガホンに向かってスクリームしてみたい気持ちでいっぱい...でもないか(笑)。
写真はダニエレの家の近く、ブリュッセル南駅にある大きなメガホン。まずは階段を上ってその先にあるメガホンで思いの丈をぶつけてみよう〜。

【緊急来日公演決定!】Shu Ishikawa Quartet feat Andrew Dickeson

イメージ
来る7月6日(土)、ソビエトチャンスでも知られるファンキードラマー佐藤正也さんが発起人となり、オーストラリアと日本を繋ぐ架け橋イベントを開催する運びになりました。

オーストラリアはもちろん、国際的に活躍中のドラマーのアンドリューさんを迎えて一期一会のジャズライヴです。僕も初共演になるので今からとても楽しみにしています。

会場は僕が主催しているオランダの食堂イベント「kantine」でおなじみの「OVE」になります。この日限定のお料理も登場しますよ。ぜひこの機会にお越し下さいませ。

■7月6日(土)
Open 18:00 Start 18:30

※19時半からお食事タイムがあります。

石川周之介(Sax/Flute)
後藤魂 (Piano)
横田健斗(Bass)
Andrew Dickeson(Drums)


前売り 4,000円、当日 4,500円 (チャージ & お食事込み)
お申し込みはOVEオフィシャルサイトをご覧下さい♪

Sax&Brass Magazine

イメージ
先の記事にも書いたのですが、僕は先週の金曜日に帰国したのですが、家に帰りポストを開けてみると、今回のSax&Brass Magazineが届いておりました。

いや~嬉しいです☆

今回も掲載されております。もしよろしければ是非お手に取ってみて下さいね(^^)

この日はまだゲホゲホと咳と格闘していました。大丈夫か?オレ? オレよ… と自問していると、テレビから聴き慣れた声が…

青木カレンさんでした。

旅番組だった気がするのですが、番組後ろでカレンさんの声。曲は最新アルバムからRaindrops keep falling on my headがふわ~んと流れてくるではありませんか!

ステキ

ステキ過ぎる

カレンさんの歌だけでなく僕のフルート部分も聴くことが出来ました~!

嬉しかったぁー!

ってミーハーでごめんなさい(>_<)

フラフラで帰国した自分にご褒美を頂いたような温かい気持ちになったのを今ふと思い出したので綴ってみました。

はやいもので・・・

イメージ
最後の更新より2ヶ月が経過してしまいました。

わぁぁぁぁぁぁぁぉぉぉおおう!!!

大変ご無沙汰しております。周之介です(滝汗全開)。

5月5日に開催された第3回☆石川周之介リサイタル@JZ Bratにお越し頂いた皆様ありがとうございました♪ 1部ではジャズセット、2部は大学時代から続けているバンド「Soviet Chance」が登場しました。キャラクターや音楽性がまったく違う2つのステージでしたが、どちらも僕自身と言いますか、自分らしいステージをお届けする事が出来たと思っております。こちらはまた改めてブログでもレポします♪

写真は、先月訪れたロンドンにて。欧州では非常に寒い春を迎えていて、ロンドンも例外ではなく非常に寒かったです。。。うぅぅ。

欧州訪問記も追ってご紹介できればと思っています。

今はFacebookもあるしTwitterもあるし、このブログの空白の2ヶ月間も両者は稼働しておりまして、兼ね合いが難しいなぁと感じていたのですが、やっぱり更新は続けようと思いました。

ブログ。

僕の場合は「Messages from shumusic」というタイトルになっています。

その名の通り、僕の「思い」だったり、そんな事を書いて行ければと思いました。

という事でブログ再開宣言!

勝手に休んですみませんでしたぁぁぁぁ・・・・

猛省の6月スタートしまーす(笑)。


石川周之介