kantine vol.2 レポ


ご来場ありがとうございました!!  メンバー一同より。

週末に仲間を呼んで開かれるパーティーのようなアットホーム感と、初めて来た方でもくつろげるCafeのような空間ができたらと思い主催したKantine(キャンティーン)。前回に引き続きたくさんの方にご来場頂き、終始なごやかな雰囲気で会が進みました。


オランダ語で学生食堂や社員食堂を意味するKantine。僕のいたロッテルダム音楽院(Codarts)  では学生、先生、職員の方もみんな一緒になって食事をする場所でした。食事だけではなく、小さい音でリハーサルをはじめる学生がいたり、ワインを飲む先生がいたり自由な雰囲気。Kantine自体もオープンキャンパスの日はコンサート会場になったり、クリスマスや季節のを祝うセレブレーションパーティーが開催されたりと様々な姿を見せておりました。

そんな僕の留学生活で得たオランダエッセンスも盛り込んだ本イベント。今回はオープングアクトとして「メガネボッサトリオ」が登場!!

vice versaのマツオさんと僕とコバ。そんなオトコ、いやオッサン3人。

もちろんメガネかけてーの。ボイパでループしーの。的な~♫
(この辺の口調がいい具合にオッサントリオを臭わせますw)

ルパン3世を由緒正しきジプシースタイルで演奏致しました。




つづいては・・・



vice versaの登場です。


オープニングナンバーはなんと「Night and Day」でした。ジャズイベントな雰囲気を醸し出すオーガニックなサウンドで登場したvice versa。今回はベースにおなじみ須藤君を迎えてのトリオでの演奏。ステージを通じて楽しそうに演奏している3人の姿が印象的でした。

ゲストに須藤君が加わった事でまた新しいサウンドになってましたね。ちなみに須藤君、今回のすべての音響担当として素晴らしい音を皆様にお届けしておりました。ありがとう!!最高の仕事をしてくれました♪(拍手!!)



その後、恒例のお食事タイム!!

美味しそうなお食事がテーブルを彩ります。


夏野菜たっぷり冷製トマトソース和え

ナス、ズッキーニなど色鮮やかな野菜をハーブで香り付けをし、OVE特製トマトソースで和えました。

オープンキッチンから「出来たて」が運ばれてきます。

会場では今回もDJ 中島徹也君がフロアをロック!!(あれ? パーリーピーポーをイルなチューンでフリーキンアーウト!!しておりました) 

それにしても彼の選曲、会場の空気の作り方は流石だなと思います。中島君はオープニングからクローズの時間までフルタイムでレジデントDJとして参加してくれました。ありがとう!!




OVEの美味しいお食事でほっこりして頂いた後は・・・



Uit Nederlandが登場します♪




2007年に帰国して4年歳月が流れようとしています。今回のメンバーは帰国し最初にUit Nederlandで一緒に演奏したメンバーであり、学生の頃から一緒に演奏してきた気心知れた仲間でもあります。お互いを良く知っているからこそ出来る演奏になったかなと思っています。

< Uit Nederland set list @OVE 7/30 >

1. Swingin' at the haven
2. Filthy McNasty
3. Mean what you say (alto flute)
4. For the time being (soprano sax)
5. Tokyo Blue Note
6. Listen Here
---
encore: 家族の風景(ハナレグミ) with vice versa


この日はアルトフルートという長いフルートを演奏しました。

初お披露目という事もありとても緊張しましたが、一度このアルトフルートでMean what you sayを演奏したかった夢が叶いました。これからもちょいちょいライヴで登場すると思います。


アンコールはvice versaのおふたりにも参加して頂き「家族の風景」(ハナレグミ) を演奏しました。


今回Kantineを開催するにあたり、本当にたくさんの方にご協力頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

ご来場頂いた皆様をはじめ、会場には来られなかった皆様からも温かいお言葉やサポートを頂きました。深く感謝しております。



次回は12月3日(土)に決定致しました!! より良いイベントになるようにこれからも頑張ります。皆様どうぞよろしくお願いします♪

人気の投稿